子供の習い事は専門の教室を利用しよう|英才教育で一流になれる!

幼児

利用される教室

千葉県などには幼児教室も数多くあるため、利用することで英語や運動などを早い段階から学ばせる事ができます。電車などの交通の便が良いところも魅力であり、多くの人が利用しています。

Read More

早い段階で慣れさせる

勉強が苦手でも大丈夫!中学受験の算数もスラスラ解けるようになります。コチラの塾が人気なのでオススメですよ。

子どもにスポーツの習い事をさせたいならまずはこちらで必要な知識を身につけておきましょう。これで安心して学ばせることができます。

耳が音を覚えるのは生後6か月から2歳

自分の子供ができたら英語を身に着けさせたいというニーズは益々高まっています。それに伴い実際に子供をいつ頃から英語に触れさせれば良いのかは大きな関心事です。その答えは生後6か月からです。 なぜ生後6か月からなのかと言えば、人間の耳が音を覚え始めるのがこの生後6か月という時期だからです。人間の耳は生後6か月から2歳までの間に音を覚えると言われています。そして、日本人が英語、特に英会話をなかなか身に着けられない理由も、まさにこの生後6か月から2歳の時期に起因するのです。というのも、日本語は英語をはじめとする他の言語と比べて、著しく音の種類が少ない言語です。ですから、音を覚えるこの時期に日本語しか聞いていないとその後他の言語に触れた際に、音の違いが聞き取れず、そのために苦労するのです。

副音声が英語の幼児向けアニメを利用すれば効率的な学習が可能

一口に生後6か月から2歳の子供に英語に触れさせるといっても、この時期の子供に言語を理解させることは、日本語であっても困難です。ではどうすればよいかと言えば、理解することを目指すのではなく、音を覚えさせる、もっと気軽に考えるならば、音に触れさせれば良いのです。 日本人だからといって、この時期に日本語の音を覚えようとして覚えた人はいないはずです。日本人だから自然に日本語の音に触れる機会があり、物心ついたときには自然に日本語の音が聞き取れるようになったという人が大半でしょう。それと同じことができる環境を英語に関しても子供に提供できればよいのです。 幼児向けの高額な英語教材も売られていますが、そこまでお金をかけなくても、そもそも内容や言葉の意味の理解を求める訳ではないのですから、子供が食いつきやすいアニメで副音声が英語になる作品があれば、音声を英語に設定して繰り返し流し続けていれば、子供は十分音に触れていきます。仮に子供がアニメそのものを見ていなかったとしても気にする必要はありません。本人が嫌がったり泣き出したりしない限り、他の事をしていても、英語の音が耳に触れていれば、それで十分なのです。

子供に勉強をする楽しさを学ばせたい方必見です!こちらの幼児教室は子供と心を通わせた授業を行ってくれますよ!

選べるコース

保育園や幼稚園に通っているだけでは、十分な教育を受けさせることはできません。早期教育や受験を考え、幼児教室に通う子供も多くいるのです。幼児教室コペルなどであれば、受験コースから英語コースなど、様々な物を選べます。

Read More

知能発達を促す

千葉は東京に近い土地であることから、幼児教室の数も多く存在しています。最近では子供の知能発達に力を入れている教室も多くあるため、子供の親などからも高い人気と関心を集めています。

Read More

Related Links

  • 子供のやる気スイッチをONするには

    やる気スイッチの塾を利用すれば、学力アップも夢ではありません。学校での成績を高くしたいなら、塾で指導を受けるのがおすすめです。